イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

2020-06-16から1日間の記事一覧

自分の思ったことをやり続けることには後悔がありません。もしそれで失敗したとしても後悔は絶対にないはずですから。

2002年11月、野球少年に向けて「僕からみんなへのお願いです」と言った言葉です。「みんなもぜひ、重要なポイントが来たときに、自分の意志でなにかを決められるような大人になってほしいと思います」 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.27 作者:『夢を…

人とつきあうと言っても、ほとんどの人は他人ですよね。ゆとりを持って接することができたら、世界がぜんぜん変わってくると思うんですよ。

2004年1月、ファンを前に語った言葉です。「他人とつきあうときに、何かひとつ気にくわないことがあっても、それがきっかけで疎遠になってしまうケースが、けっこうあります。でも、それは他人なんだから、そういうことだってあるよと思えたら、いろんな人と…

プレッシャーのかかる感じはたまりません。僕にとっては最高ですよね。ものすごく苦しいですけど。

2004年10月、安打大リーグ記録達成後の、重圧についての言葉です。「ドキドキする感じや、わくわくする感じが、勝負の世界にいる者の醍醐味ですし、それがない選手では、まったくつまらないですから」 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.25 作者:『夢を…

打率は、コントロールできてしまいます。4割を求めて打席に立ちたくなくなるのは本意ではないので、僕は、なかなか、打率に目標を置くことはできないのです。

2004年のシーズン終了後、打率4割の可能性についての言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.24 作者:『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会 出版社:ぴあ 発売日:2005/3/11 Amazonで詳しく見る

まずは一弓と散歩したいです。ようやく、散歩にも連れていってあげられるので、それがいちばんしたいです。

2004年のシーズンオフを迎え、なにをしたいかと聞かれたときの言葉です。「一弓は明日からぼくが休みになるとわかっているようで、今朝からソワソワしていますよ」「今年は胃が痛くなる程度で、髪が抜けるようなこともありませんでした。一弓の毛はやたらと…

自分が見えていない経験からは、客観的に自分を見なければいけないという結論に達したのです。地に足がついているかどうか、ちゃんと見ていなければいけません。

2004年1月、ファンを前に語った言葉です。2003年の4月にも「どんなときも自分たちを客観的に見て、やるべきことをやるだけです。それはどんなときも変わらないものです」と語っています。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.21 作者:『夢をつかむイチロ…

僕本人より、麻痺しているのは「まわり」です。でも、そういうものにふりまわされてはいけない。それはもう、とっくの昔にわかっていることです。

2004年、安打数新記録の目前に敬遠が続き、「なんでもかんでも日本にいた頃に似てきました」「この状態でプレイできる人間は限られています。最高に幸せなことです」といっていたときの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.19 作者:『夢をつか…

チームメイトが、熱い思いを表現してくれたということは、ふだん感じられない、言葉にはできない意味がありました。

2004年10月、258本安打記録達成後の言葉です。「ふだんは言葉の壁もあってなかなかコミュニケーションが取れないのですが、わざわざ選手や監督やコーチが出てきてくれるなんて、まったく考えていませんでした。チームメイトがあんなふうに表現してくれたこと…

チームの調子が悪くても自分が崩れることは考えません。集中してやっているので、余計なことは、考えません。

2004年5月、チームの苦境を聞かれたときの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.17 作者:『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会 出版社:ぴあ 発売日:2005/3/11 Amazonで詳しく見る

第三者の評価を意識した生き方はしたくありません。自分が納得した生き方をしたいです。

2004年1月、大勢のファンを前に語った言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.16 作者:『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会 出版社:ぴあ 発売日:2005/3/11 Amazonで詳しく見る

いろいろ考えてしまうのが人間ですが、でも、それを含めての「力」ですから。

2004年6月、得点圏の重圧についての言葉。同じ時期に「気持ちの面で、前の打席が関係ないということは、どの打席でもありえません」ともいっています。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.15 作者:『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会 出…

チームに乗せてもらうことはありますが、そういうときは少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです。

2004年7月、チームの低迷と個人の打撃の関係について聞かれたときの言葉です。「勝てなければ意味がないということは絶対にありません。自分の成績がよければそれでいいというわけでもありません。どちらも別のものとしてとらえています」 夢をつかむ イチロ…

あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います。

2004年10月、安打記録達成後に「大きさに対するあこがれや強さに対するあこがれ強く持ちすぎなくてもいい。体が大きいことにはそんなに意味はないと、アメリカに来てから強く思うのです」と言ったときの発言です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.12 …

© 2020 ichiro262.com