イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

2021-04-20から1日間の記事一覧

僕の内面は、ほとんどが、野球のなかでかたちづくられたものです。

2005年のシーズンオフに、過去をたずねられたときのセリフ。

困難に立ち向かう人生を自分で選択してきた人に出会ったら、追いこむ姿勢があるから、活躍されているんだなぁと思います。

2006年の年頭、尊敬する先輩についてのセリフ。「そういう方の、今日までの何十年間の道のりは、信じられないぐらいに険しい道のりだったんじゃないかと思うんです」

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも、誰かになりきっていました。

2005年の1月のセリフ。少年時代に野球をしていたときの気持ちについて。「小学校のうちは、自分のかたちなんてありませんからねぇ」

時間をかけなければ、絶対にできないものは、すごいなぁと思うんです。もちろん、5打席連続ホームランもすごいけど、一日でできますからね。

2006年7月25日、6年間の合計安打数で、ボッグス選手(レッドソックス)が1983年から88年にかけて放った1274本を抜いたときのセリフ。

他の人から「これがいい」と、どんなに言われても、少年時代に「これがいい」と思ったものにはかなわない。

2005年の1月、「カレーと味噌汁は、少年時代の記憶に沿うものがいちばんおいしく感じるものだ」と話しているときのセリフ。偏食については「高校時代は、寮生活でしたけど、キライな野菜を皿の下に隠していました。アレは先輩にバレちゃってたいへんなことに…

刺激が欲しかったんです。ちょっと、飢えてしまっていたから。

2006年の年頭のドラマ「古畑任三郎」に出演したことについてのセリフ。「ひとことでいえばそうです。もちろん、あのドラマが大好きで、あきれるほど見ていたということもありましたけど」

もしも、野球を好きだという気持ちが揺らいでいたら、僕は、もうどこかで終わっていたんじゃないかなぁ。

2006年の春のセリフ。「ここまで野球が好きでいられているということは、おそらく、この先も、その気持ちは薄れないと思うんです」

© 2020 ichiro262.com