イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

子どもの頃

プロの選手として前に進んでいくために大切なことは、子どものときの、純粋な気持ちが持てるかどうかです。

2005年の年頭、職業意識について話しているときのセリフ。

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも、誰かになりきっていました。

2005年の1月のセリフ。少年時代に野球をしていたときの気持ちについて。「小学校のうちは、自分のかたちなんてありませんからねぇ」

他の人から「これがいい」と、どんなに言われても、少年時代に「これがいい」と思ったものにはかなわない。

2005年の1月、「カレーと味噌汁は、少年時代の記憶に沿うものがいちばんおいしく感じるものだ」と話しているときのセリフ。偏食については「高校時代は、寮生活でしたけど、キライな野菜を皿の下に隠していました。アレは先輩にバレちゃってたいへんなことに…

子どもたちは、そんなに野球がうまくないにもかかわらず、なんで、あんなに楽しそうに野球をしているのでしょう?

2006年の1月、野球についての発言。「心のどこかに、子どもみたいな気持ちがないとダメだというのは、そんなふうに思うからなんです」

はじめは、何かになりきることから。 僕も、いろいろマネしました……。

2005年の1月のセリフ。少年時代にマネした選手を聞いたら、「中日の田尾さん、谷沢さん、ゲーリー、落合さん……ドラゴンズ以外にも、篠塚さん、掛布さん、バースなんかもよくマネしました。いろいろやりましたねえ」とふりかえった。

プロ野球選手になりたかった理由は……かっこよかったから、に決まっています。

2005年の年頭、「夢」について聞かれたときのセリフ。「子どもってそうですよね。ほかに、なりたい理由なんてない。あこがれの選手は、プ ロの「全員」でしたから。中日のユニフォームを着ていた人たちは、僕には、全員が、ヒーローに見えていましたよ」

僕は、ものすごく小さな家で育っています。いちばん広い部屋が四畳半ぐらいでした。お風呂の湯船にも、僕は小さくなって入らないと入れなかったのです。あの家で育ったことっていうのは、いろいろなことを、思い出させてくれるのです。

2003年のシーズン終了後の言葉です。「当時は、ぼく、いちばんイヤなことでした。ともだちを呼んだことがないですよ、家には」

© 2020 ichiro262.com