イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

すごい、と思ったら勝てない。今日を、歴史的な日にしよう。

2006年3月22日、WBC 日本対アメリカの試合前に、チームメイトに伝えたセリフ。「相手を、すごいすごいと思っていたら負けちゃう。実際そんなにすごくないよ」。そう言っていた矢先、イチローはアメリカ戦で先頭打者ホームランを打った。

精神的には、日本の野球はメジャーに負けていない。だから、アメリカに負けられないぞと思ったんです。

2006年の3月、WBCで「アメリカに勝つ」といった理由。「だって、アメリカには、自分たちが一番だと思っている人がたくさんいるのですから」

体力面、体格面の差をカバーできるとしたらどこだろう? 日本人にはアタマしかない。そんなふうに考えたんです。

2006年の年頭、メジャーリーグで生きのこるために考えたこと。「メジャーリーガーたちはバケモノとばかり思っていました。実際にポテンシャルは非常に高いけど、会ってみたらやっぱり人間だなと感じました。だから、自分の入り込むスキも見つけたんです」

チヤホヤされたり、給料が高くなったり、気持ちがよくなったり……そのことで、大切な部分を忘れがちになることがあるんです。

2006年の1月、野球をいかにプレイするかについてのセリフ。「やっぱり、子どものときの野球への気持ちを忘れてしまってはいけないと思うんです」

人間のエネルギーは、第一印象で特に強く感じられますよね。最初に会ったとき、熱いものを感じられると、うれしくなります。

2006年の年頭、「オーラ」についてのセリフ。「何回か会うことを重ねていくと、エネルギーやオーラは見えなくなってきたりするものですよね」

弓子と、一弓(愛犬)、三人で乾杯をしたんです。お酒は、気分で味が変わるんだなぁ、と思いました。

2005年の年頭に、世界記録を更新して弓子夫人とふたりで飲んだシャンパンについて聞かれたときのセリフ。

いつも、恐怖と不安と重圧を抱えています。楽しいだけでは、プロの世界にいられない。

2007年の1月、仕事と重圧についてのセリフ。「野球は好きですし、楽しいですが、それだけではありません。プレッシャーはかかってきますし、いつも、100%でいることを期待されるわけですから」

僕は風邪にも弱い、憂鬱にもなる不調のときは、「仕事なんだ」「責任がある」と奮いたたせるんです。

2005年の年頭、体調と精神の管理をたずねられたときのセリフ。「ふだん、野球は趣味に近いですが、体調が悪かったり、球場に行きたくないときには、「仕事なんだ」と職業意識のほうでメンタルをコントロールするようにしています。ひとつのテクニックですね」

生活の手段になってしまうと、モチベーションが生まれにくい。

2005年の年頭、職業意識について話しているときのセリフ。「それでは、野球の動機が明確に変化してしまいますからね」

プロの選手として前に進んでいくために大切なことは、子どものときの、純粋な気持ちが持てるかどうかです。

2005年の年頭、職業意識について話しているときのセリフ。

輝いている人は、誰にも、対等なんじゃないですか。上とか下とかっていう価値観すらない。

2006年の年頭、先輩についてのセリフ。「そういう人間に、魅力を感じるんです」

不安ですけど、「どうしたらいい?」が活力です。自信満々より、不安のほうが、ずっといいんです。

2005年の年頭のセリフ。「オレ、こんなに練習をしていないけど、 大丈夫なんだろうかと不安に思っているぐらいのほうがいいんです」

僕の内面は、ほとんどが、野球のなかでかたちづくられたものです。

2005年のシーズンオフに、過去をたずねられたときのセリフ。

困難に立ち向かう人生を自分で選択してきた人に出会ったら、追いこむ姿勢があるから、活躍されているんだなぁと思います。

2006年の年頭、尊敬する先輩についてのセリフ。「そういう方の、今日までの何十年間の道のりは、信じられないぐらいに険しい道のりだったんじゃないかと思うんです」

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも、誰かになりきっていました。

2005年の1月のセリフ。少年時代に野球をしていたときの気持ちについて。「小学校のうちは、自分のかたちなんてありませんからねぇ」

時間をかけなければ、絶対にできないものは、すごいなぁと思うんです。もちろん、5打席連続ホームランもすごいけど、一日でできますからね。

2006年7月25日、6年間の合計安打数で、ボッグス選手(レッドソックス)が1983年から88年にかけて放った1274本を抜いたときのセリフ。

他の人から「これがいい」と、どんなに言われても、少年時代に「これがいい」と思ったものにはかなわない。

2005年の1月、「カレーと味噌汁は、少年時代の記憶に沿うものがいちばんおいしく感じるものだ」と話しているときのセリフ。偏食については「高校時代は、寮生活でしたけど、キライな野菜を皿の下に隠していました。アレは先輩にバレちゃってたいへんなことに…

刺激が欲しかったんです。ちょっと、飢えてしまっていたから。

2006年の年頭のドラマ「古畑任三郎」に出演したことについてのセリフ。「ひとことでいえばそうです。もちろん、あのドラマが大好きで、あきれるほど見ていたということもありましたけど」

もしも、野球を好きだという気持ちが揺らいでいたら、僕は、もうどこかで終わっていたんじゃないかなぁ。

2006年の春のセリフ。「ここまで野球が好きでいられているということは、おそらく、この先も、その気持ちは薄れないと思うんです」

過去の僕とは、ちがいます。また、新しい可能性を感じました。

2007年9月30日、シーズンを終えたあとの記者会見におけるセリフ。重圧をかけてそれに耐えられるようになったことを示していると思われる。「来年も、期待をしてください」

みんなの背中が、ちがって見えましたからね。自信がわいたら、こんなに変わるものなのか。

2006年3月22日、WBC日本対アメリカのあとのセリフ。試合前には臆していたチームが、3点を先取して、雰囲気が変わったことを、こんなふうによろこんで表現をした。

もっと、エネルギーを感じさせてほしいですよね。選手は、見られていることを、はねかえさなければ...。

2006年の2月、日本人選手の「見られている意識」が弱いのかもしれないということについてのセリフ。「みんな、気持ちがいいし、いい子なんですけど、見られていることをはねかえそうとする力を感じさせる選手は少ないかもしれません」

子どもたちは、そんなに野球がうまくないにもかかわらず、なんで、あんなに楽しそうに野球をしているのでしょう?

2006年の1月、野球についての発言。「心のどこかに、子どもみたいな気持ちがないとダメだというのは、そんなふうに思うからなんです」

なにかを長期間なしとげるためには、考えや行動を一貫させる必要がある。

2006年9月16日、6年連続の200本安打を達成したあとのセリフ。「5年や6年続けることは、1年や2年とはワケがちがいます」

その人が言わなければ、響いていかないことってありますよね。僕は、僕が言わなければ響いていかないことを、話したい。

2006年の春のセリフ。「だから、いろいろなことに意見を求められたら、僕は最近、つとめて発言をするようにしているんです」

お客さんが少ないから、モチベーションを落としてしまう? それは、まちがいです。自分たちで上げていかなければならない。

2007年9月30日、シーズンを終えたあとの記者会見におけるセリフ。「そこがファン頼みではマズイですよね」

「これからもシアトルでプレイしてほしい」地元のファンの声が、僕にはいちばん重かった。

2007年7月13日、シアトルマリナーズと2008年から5年間の契約を結んだ、という記者会見で、残留の決断をたずねられたことについてのセリフ。「これがいちばんの理由だと思います」

周囲の重圧にプラスアルファして、自分に負荷をかけていきました。

2007年9月30日、シーズンを終えた直後の記者会見におけるセリフ。周囲から受ける重圧以上に、2007年は、自分で自分に負荷をかけ続けてきたのだという。

今年は、170本目から190本目までのカベをこえることを強く意識して、実際に、こえられました。それができたことが、今回はうれしいんです。

2007年9月3日、7年連続の200本安打を達成したときのセリフ。

プラスが増えたのではなく、マイナスの部分が減った。その点に、いちばん、変化を感じているんです。

2007年9月3日、7年連続の200本安打を達成して、「今年はプレッシャーの中でも動きに影響することなく200本安打を達成することができた」と言ったことの理由についてのセリフ。

© 2020 ichiro262.com