イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

積み重ね

時間をかけなければ、絶対にできないものは、すごいなぁと思うんです。もちろん、5打席連続ホームランもすごいけど、一日でできますからね。

2006年7月25日、6年間の合計安打数で、ボッグス選手(レッドソックス)が1983年から88年にかけて放った1274本を抜いたときのセリフ。

なにかを長期間なしとげるためには、考えや行動を一貫させる必要がある。

2006年9月16日、6年連続の200本安打を達成したあとのセリフ。「5年や6年続けることは、1年や2年とはワケがちがいます」

数字や記録は、どれだけ野球が好きか、ということや、人間性がそなわっていないと、積み重ねられません。そうでありたいですね。

2006年7月25日、6年間の合計安打数で、ボッグス選手(レッドソックス)が1983年から88年にかけて放った1274本を抜いたときのセリフ。

小さいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。

2004年10月、258本安打を達成した直後の会見で、「激アツでしたね、今日は。言葉にはできません。少なくともこれまでの野球人生のなかでは最高の瞬間でした」と言ったときの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.74 作者:『夢をつかむイチロー2…

過去のつみかさねがどれだけ大事なものかは、感じています。それがなければ、今の技術や精神は作られなかったのですから。

2004年8月、200本安打を達成して「去年の苦しい経験が活かされたか」と聞かれたときに「どの経験も欠かすことのできない要素」といったときの言葉。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.70 作者:『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会 出版社…

自分が作りあげてきたものを崩すわけにはいきません。自分の技術を支えている気持ちが切れると不安が出ますから、それだけはしてはいけません。

2003年9月、プレイオフ出場が消えてホッとしたかとの問いにこたえた言葉です。「自分がなにかをしようとするときのプレッシャーは、プレイオフ出場の可能性が消えたからといっても、自分がグラウンドに立っている以上、変わりません」 夢をつかむ イチロー26…

夢をつかむことというのは、一気にはできません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。

2004年12月24日、日本の野球少年に向けての言葉です。「僕もみんなと同じような年のときには、汗水たらして泥にまみれて、みんなと同じように野球をしていたということを覚えておいてもらいたいです。みんなも、明日から毎日、野球も勉強もがんばってくださ…

© 2020 ichiro262.com