イチロー名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

首位打者

いまは、僕が、首位打者について話しても、誰も笑わなくなりました。たいへん気持ちのいいことです。

2004年10月に「かつては、首位打者をとったら野球をやめてもいいというぐらいに遠いものだと感じていたし、首位打者について話すと人がすごく笑っていましたが……」といったときの言葉。

どうやってヒットを打ったのかが問題です。たまたま出たヒットでは、なにも得られません。

自分の「形」を得ていない頃、98年の途中までは首位打者でい続けていても悩んでいたという。その頃を振り返っての言葉。(2002年)

首位打者を目標にしていたら、どこかで挫折をしていたでしょう。

メジャーリーグ2年目を終了したあとの言葉です。「首位打者を目標にすることは苦しすぎます。僕のいちばんの目標は『あれをやっておけばよかった』ということがないようにすることです。そこにはいつも手抜きがありません」

© 2020 ichiro262.com